学術大会

一般社団法人日本健康・スポーツ教育学会第5回学術大会について

「第5回 学術大会 詳細プログラム(一般口頭発表)」を更新しました。
今後、順次、続報を更新していきます。

▼大会長挨拶 ▼概要 ▼プログラム ▼一般口演詳細 ▼企業協賛 ▼演題申込み・問合せ ▼申込み・問合せ ▼以前の開催の様子

大会長挨拶


 一般社団法人日本健康・スポーツ教育学会
「第5回学術大会開催にあたって-スポーツで“未来”を創る-」
 大会長 柴岡信一郎(日本ウェルネススポーツ大学副学長)


 一般社団法人日本健康・スポーツ教育学会にご協力いただきまして、ありがとうございます。
 本会は平成27年3月に設立し、そのミッションは健康創り、スポーツ創り、教育創りの3本の矢の相互関連を密にして、全ての人々の生涯にわたる生きがい創りに寄与することにあります。
 これを受けて、第1回大会より、統一テーマを「健康・スポーツ・教育の連携による幼少期からの生きがい創り」とし、その下で毎回、特有のメインテーマを設定してきました。お陰様で、多方面から多くの方々の参加を得ることができました。
 今回も統一テーマはこれまでと同様とし、メインテーマは次の理由から「スポーツで“未来”を創る」といたしました。
 スポーツ庁は2017年4月にスポーツ基本法に基づく第二期スポーツ基本計画(スポーツが変える、未来を創る)を発表しました。基本方針では、スポーツの「楽しさ」や「喜び」こそがスポーツの価値の中核であり、全ての人々が自発的にスポーツに取り組み、自己実現を図り、スポーツの力で輝くことにより前向きで、活力ある社会と絆の強い社会をつくるとしています。このスポーツの社会発展への役割を果たすために、4つの理念、即ち、スポーツで「人生」が変わる、スポーツで「社会」を変える、スポーツで「世界」とつながる、スポーツで「未来」を創るが挙げられています。
 昨年の第4回学術大会では、この4つの理念のうちの「スポーツで社会を変える」に着目しましたが、今年度に入ってスポーツ界で様々なことが噴出したことを鑑み、今回の第5回学会大会は、「スポーツで“未来”を創る」に視点を当てた次第です。
 この社会問題の解決を図る主要な方策としては、スポーツマンシップに基づくスポーツ教育に期するところが大です。
 そこで、スポーツ教育に造詣の深い山羽教文氏に特別講演「スポーツ教育の充実強化-学校の運動部・地域スポーツクラブの指導者の在り方-」をお願いし、ワークショップ「スポーツを通じた横断的教育の推進」を行うことにしました。
  この他、人々の生きがい創りに関わるワークショップや口頭発表を通して、実り多い大会になりますよう、忌憚の無い積極的なご意見を頂きたくよろしくお願いいたします。
 末筆ながら今回のご講演、発表いただく皆さん、本大会の準備および運営に係わっていただいた多くの方々、協賛いただいた多くの企業、毎回本会場を提供していただいております「株式会社 イトーキ 東京イノベーションセンターSYNQA」様のご支援に心から感謝致すとともに、大会の成功を心から祈念しご挨拶といたします。
多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

↑このページのトップへ

概要

日時 平成31年 2月17日(日)13時~18時
場所 イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA
東京都中央区京橋3-7-1
交通 京橋駅 東京メトロ銀座線 2番出口直通
宝町駅 都営浅草線 A4出口より徒歩3分
銀座1丁目駅 東京メトロ有楽町線 A7出口より徒歩7分
東京駅 JR、東京メトロ丸の内線 八重洲南口より徒歩10分
※ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。
参加費 一般会員(事前申込み : 2,000円 / 当日 : 3,000円)
大学院生・大学学部生(事前申込み : 300円 / 当日 : 1,000円)

※事前申込み金額は、平成31年2月10日(日)までに事前申込みと入金が完了した場合に限ります。
(当学会口座の入金日の日を基準とする)
※振込手数料は別途ご負担ください。
※お振込みの際には必ず当日参加者の名義でお振込みください。
※備考欄又は振込名義人のお名前の後に【サンカヒ】と必ず記載してお振込みください
例)備考欄に 【サンカヒ】 
または、振込名義を【○○○○○○ サンカヒ】

振 込 先:
【銀行名】東京信用金庫
【支店】成増支店(店番015)
【口座番号】4085703
【名義】一般社団法人日本健康・スポーツ教育学会
講演集執筆要領 下記をクリックしてPDFをダウンロードして下さい。
講演集執筆要領
締切日:平成30年11月22日(木)
主催 一般社団法人日本健康・スポーツ教育学会
共催 日本ウェルネススポーツ大学
公益財団法人日本幼少年体育協会
学会事務局 一般社団法人日本健康・スポーツ教育学会第5回学術大会 事務局
  〒179-0071 東京都練馬区旭町3-23-22
  日本ウェルネススポーツ専門学校 内 事務局長:鳥居 哲夫
  TELTEL:03-3938-2372 FAX:03-3938-9435
  E-mail:info@jhse.jp 公式HP:http://www.jhse.jp/

↑このページのトップへ

プログラム

統一テーマ「健康・スポーツ・教育の連携による幼少年期からの生きがい創り」

第5回テーマ「スポーツで未来を創る」

プログラム
12:00~13:00
【受付】1階B会場
13:00~13:15
【開会式】2階A会場
総合司会
大津一義(日本ウェルネススポーツ大学)
開会の辞
柴岡 三千夫
(一般社団法人 日本健康・スポーツ教育学会 理事長 /
 日本ウェルネススポーツ大学 学長)
大会長挨拶
「スポーツで“未来”を創る」
柴岡 信一郎
(一般社団法人 日本健康・スポーツ教育学会 副理事長 /
 日本ウェルネススポーツ大学 副学長)
13:15~13:55
【特別講演】2階A会場
『第4次産業革命下におけるスポーツ教育の新たなあり方』
演者
山羽 教文(株式会社FIELD OF DREAMS 代表取締役)
座長
大津 一義(日本ウェルネススポーツ大学)
13:55~14:00 (休憩 交流会)
14:00~15:25
【ワークショップ】2階A会場1階B会場
2階A会場
14:00~14:40 ワークショップⅠ
『スポーツ教育の新たな展開
 ~タグラグビーと算数およびプログラミング学習を関連付けた総合的学習における学習指導過程の開発~
演者
山羽 教文(株式会社FIELD OF DREAMS 代表取締役)
ファシリテーター
山田 浩平(愛知教育大学)

(14:40~14:45 休憩 交流会)

14:45~15:25 ワークショップⅡ
『怒り感情の対処の仕方
 -アサーティブコミュニケーションに着目して-
演者
長澤 里絵(立正大学)
ファシリテーター
北見 由奈(湘南工科大学)
1階B会場
14:00~14:40 ワークショップⅢ
『「こころ」と「からだ」をケアする食
 -末期がんを再発させない身体つくり-
演者
高遠 智子(アンチエイジング歯科学会 理事)
ファシリテーター
角田 弘子(日本ウェルネススポーツ大学)

(14:40~14:45 休憩 交流会)

14:45~15:25 ワークショップⅣ
『子どもの読書活動のありかたについて
 -立川市子ども読書推進計画の分析を通して-
演者
大竹 龍(ONE ROOF 大和東保育園 園長)
ファシリテーター
山口 智之(日本ウェルネススポーツ大学)
15:25~15:30 (休憩 交流会)
15:30~17:35
【一般講演】2階A会場1階B会場

(*演者10分発表、5分質疑応答)

2階A会場
司会
角田 弘子(日本ウェルネススポーツ大学)
15:30~16:30 <運動・スポーツ領域Ⅰ>
座長
鈴木 勝彦・薗部 正人(日本ウェルネススポーツ大学)
  • 15:30~15:45

    A-1 「くぐる」という動作に関する一考察 その2

    温井 一裕(日本ウェルネス高等学校)

  • 15:45~16:00

    A-2 スポーツを活かしたインバウンド戦略と地域活性化の在り方
    -茨城県におけるスポーツツーリズムの導入を目指して-

    吉澤 智也(社団法人 日華協会)

  • 16:00~16:15

    A-3 総合型地域スポーツクラブの成果とスポーツ推進委員の役割

    堀松 英紀(堀松スポーツ行政研究所)

  • 16:15~16:30

    A−4 安全、安心、快適なスポーツ活動の場を提供するために
    ~ナショナルトレセン体育館床事故から何を学ぶか~

    松本 眞一(日本ウェルネススポーツ大学)

(16:30~16:35 休憩 交流会)

16:35~17:35 <運動・スポーツ領域Ⅱ>
座長
鳥居 哲夫・菱沼 篤志(日本ウェルネススポーツ大学)
  • 16:35~16:50

    A−5 自然の中に存在するダイナミックバランスを取り入れる

    井坂 啓美(一般社団法人ビーチクラブ全国ネットワーク 代表理事)

  • 16:50~17:05

    A−6 女性アスリートのキャリア形成をめぐる理論的検討

    稲葉 佳奈子(成蹊大学)

  • 17:05~17:20

    A−7 平昌で金メダル獲得に貢献したスポーツメンタルコーチングの特徴

    台本 尊之(合同会社All Days Sports)

  • 17:20~17:35

    A−8 一流アスリートの言説とパフォーマンス
    -イチロー、中村俊介、本多圭祐、川島永嗣を中心に-

    平山 実(日本ウェルネススポーツ大学)

1階B会場
司会
富川 力道(日本ウェルネススポーツ大学)
15:30~16:30 <教育(保育・幼児教育)領域>
座長
近藤 卓・中村 道広(日本ウェルネススポーツ大学)
  • 15:30~15:45

    B-1 保育士養成科目(身体表現)の動機づけ向上に関する調査
    ~コオーディネーション運動に着目して~

    小林 宣義(小田原短期大学千葉サポートセンター)

  • 15:45~16:00

    B-2 幼児英語のあり方に関する研究 -保護者の質問紙調査から-

    五十嵐 淳子(青山学院女子短期大学)

  • 16:00~16:15

    B-3 保育園の5歳児と絵本I See Colorsを使って行う色の英語活動

    甘糟 節子(愛国学園保育専門学校)

  • 16:15~16:30

    B−4 保育者養成校における論理的な認識力の育成を目的とした授業

    井原 淑雅(早稲田大学大学院、藤ノ花女子高等学校)

(16:30~16:35 休憩 交流会)

16:35~17:35 <健康領域>
座長
石田 良恵・横山 典子(日本ウェルネススポーツ大学)
  • 16:35~16:50

    B-5 援助概念の普遍性 ~メイヤロフ「ケア理論」を中心に~

    伊藤 能之(日本ウェルネススポーツ専門学校)

  • 16:50~17:05

    B-6 母親の育児不安を軽減させる要因についての一考察
    -父親の関わりに焦点をあてて-

    岡村 泰敬(東洋大学大学院ライフデザイン学研究科)

  • 17:05~17:20

    B-7 認知症・加齢等に負けない楽しみながら持続可能な身体の健康増進に役立つメディア情報に関する感性及び認識の仕方について

    渋井 二三男(日本ウェルネススポーツ大学)

  • 17:20~17:35

    B−8 慢性期脊髄損傷者における生活習慣病の実態と対策に向けて

    渡部 勇(J-Workout株式会社)

17:35~17:40 (2階A会場へ移動)
17:40~17:45
【閉会式】2階A会場
閉会の辞
佐藤 鐵太郎
(日本ウェルネススポーツ大学 学部長)
17:45 終了

↑このページのトップへ

本学会では、講演集の展示協賛・企業協賛・広告協賛を募集しています。
興味のある企業の方は、下記の依頼文をご覧のうえ、申し込み用紙を添付して事務局までお申し込みください。


↑このページのトップへ

演題等お申込み・お問い合わせについて

▼口頭発表の演題申し込み票の作成について
次の事項を記入し、10月22日(月)までに大会事務局宛に、Eメールにてご連絡ください。尚、演題申し込みされた方には、講演集用原稿作成のご案内を差し上げます。その締め切りは11月22日(木)といたします。

お申込み・お問い合わせについて

▼以下より学術大会のちらし、申込用紙がダウンロードできます。

Email info@jhse.jp
※上記の申込用紙(PDF)にご記入のうえ、お送りください。
※携帯メールアドレスからお申込みの方は、返信が届かない場合があります。
3日以上経っても返信が確認できない場合は、お手数ですが事務局までお問合せください。
FAX FAX番号:03-3938-9435
申込用紙に必要事項をご記入の上、ご送信ください。
郵送 〒179-0071 東京都練馬区旭町3-23-22
日本ウェルネススポーツ専門学校内
一般社団法人 日本健康・スポーツ教育学会 事務局 事務局長 鳥居哲夫宛
申込用紙に必要事項をご記入の上、ご郵送ください。
↑このページのトップへ

これまでの様子はこちら

▶ 2018年2月「第4回学術大会」の様子はこちら

▶ 2017年2月「第3回学術大会」の様子はこちら

▶ 2016年3月「第2回学術大会」の様子はこちら

▶ 2015年3月「設立記念大会」の様子はこちら

↑このページのトップへ
入学のご案内
このページの先頭に戻る